株式会社菊池組 一般建築・社寺建築・不動産 青森県むつ市柳町4-9-5
トップページ会社案内家づくり社寺建築不動産その他
家づくり
こだわり
リフォーム
オール電化
すべての人に快適な住環境を~全棟Q1.0住宅(キューワン住宅)に
菊池組では150年以上に及ぶ建築知識・技能の蓄積と、北海道より技術を導入してから30年以上に渡って磨き続けてきた本格的省エネルギー住宅のノウハウにより、優れた快適性能の確保と光熱費の大幅削減ができます。下北に住む全ての人に快適な住環境を手に入れて欲しいという思いから、常に様々な材料、工法の研究を行い、全棟においてQ1.0住宅(Q1.0住宅:キューワン住宅とは省エネ基準に比べて半分のエネルギーで全館暖房できる住宅)以上のスペックを、比較的リーズナブルに実現しています。
トリプルガラスサッシ、各部位の断熱の内容、構成にこだわり抜くと共に、敷地条件を暖房コストの削減や快適性、健康の向上は勿論の事、構造躯体の内部結露防止やシロアリ被害の予防に配慮した設計・施工を心掛けています。
利用形態(専用戸建て住宅、店舗併用住宅、賃貸住宅、店舗など)や構造種別、住まい方、立地条件、規模、予算など、様々な要素を勘案してご提案を行っています。
菊池組の住宅は高気密・高断熱と呼ばれる中でもかなりハイスペックなため、「あんな性能は必要ありませんよ」
「あんなにやったら高くなりますよ」と言われているようですが、建物にかかる生涯コストが安くなるように温熱環境設計、コスト設計を行っており、費用面でもローコスト住宅よりも安いという事になります。
強い家へのこだわり~許容応力度計算による構造計算で耐震等級3を標準に
家の一番大きな役割は、そこに住む人の生命と財産を守るという事です。
菊池組は建築士、大工職人からなる建築のアスリート集団として、強い家を造るために目に見えない部分にもこだわっています。

より踏み込んだ地盤判定、基礎設計へ
現在は地盤調査を行わずに住宅が建築される事は無いと思います。
ただSS試験による地盤改良の要・不要を判定するだけでなく、液状化判定や構造計算に基づく沈下判定を行い、適切な基礎設計や地盤改良設計を行います。

SS試験
全棟構造計算(許容応力度計算
一般的に木造住宅では構造計算は行われず簡易的な検討しか行われません。
ウチはしっかりと構造を検討していますという会社でも、仕様規定による壁量計算、N値計算などの検討を行っている程度だったり、大手ハウスメーカーであっても、型式適合認定により構造を確認するのみで、1棟ごとの部材ひとつひとつまでに及ぶ詳細な計算は省略されている事がほとんどです。
菊池組では部材のひとつひとつに掛かる力を検討し、地震、風、積雪などによる変形を確認する詳細な計算方法「許容応力度計算」(いわゆる構造計算)により耐震等級3相当を標準としています。

耐久性へのこだわり
木造住宅の弱点は「木材の腐朽」です。腐朽した木材は強度が低下するだけでなく、シロアリの餌となりやすく、さらなる深刻な被害をもたらす危険性があります。木材の腐朽を防ぎ、本来の強度を保つためには部材が良好な乾燥状態を保つことが最も重要になります。菊池組では徹底した気密防湿処理や必要な部位への適切な通気を組み合せて躯体の乾燥状態を保持し、さらに耐久性の高い材料、処理方法にもこだわる事で、薬剤処理に頼るだけでなく、本質的な防蟻、防腐対策を行っています。



c Copyright 2007 KIKUCHI GUMI CO., LTD All rights rserved